ムクゲ

戻る

学名:Hibiscus syriacus

樹木名: ムクゲ【木槿】
分 類: アオイ科フヨウ属
落葉広葉樹 ・ 低木
別 名: ハチス【波知須】
樹 高: 2〜4M
 葉: 互生し長さ4〜10pの卵形で3つに裂け縁には荒い鋸歯がある
 花: 当年枝の葉腋に単生し、7〜10月にかけて長く楽しめる1日花。
雄しべは、5個が合着して筒状になり、柱頭がその筒の先から出ている。柱頭の先は5裂している。
 実: 秋1.5〜2cmほどの卵型をした赤褐色で、先端はとがっている。熟すと毛のある種子が風で飛ばされる
特 徴: 枝は下部からよく分枝し上方に伸び直立した樹形になりやすい。耐寒性・刈込みにも強い。
日本には平安時代以前に渡来し、古くから生垣・庭木・鉢植え・花材に利用されている。
分 布:
盛夏を彩る代表的な花木,花弁の大きさや枚数によって分類される。多くの園芸種があり色や八重咲きの種類も多彩
インド・中国原産、日本へは平安時代に渡来したといわれている。大韓民国の国花
樹皮を乾燥したものは木槿皮(もくきんぴ)という生薬で、抗菌作用があり、胃腸薬や水虫など皮膚炎の薬に配合される。花を乾燥したものは木槿花(もくきんか)という生薬で、皮膚炎、胃腸炎、下痢止め等に用いる。