ハクウンボク  学名:Styrax obassia

戻る
   
   
樹木名: ハクウンボク【白雲木】
分 類: エゴノキ科エゴノキ属
落葉広葉樹 ・ 小高木
別 名: オオバヂシャ
樹 高: 6〜15M
 葉: 単葉で互生し、倒卵形で長さ10〜20p、幅6〜20p裏は灰白色で毛が密生する。
縁は不規則な歯牙状の鋸歯がある。
 花: 両性化で5〜6月、今年枝の先にほどの総状花序を下垂し白い花を20個ほどつけ、花は下向きに開く。
 実: 果実は1.5pほどの卵球形。9月ごろ熟して果皮が裂け褐色の種を1個出す
特 徴: 山地の落葉樹林に自生する。庭木や公園樹・寺院などに多く植えられている。
樹皮は灰黒色。若木では滑らかだが、古くなると縦に浅く裂け目が入る。
分 布: 北海道、本州、四国、九州
白い花が群れて咲く様子が、白い雲を思わせるのでついた名
 
材は器具などに利用し、種子から取れた油分でろうそくを作る。